卒業生の声

  • 臨床から大学院へ。私の変わったところ
    私は、臨床の中で自分が同じようなところでケアに行き詰まることを繰り返し、当時はそれが限界なのだと思ってい...

    黒田 貴子 さん 2018年修了
    [京都大学医学部附属病院 勤務]
  • がんプロフェッショナル養成プランの学び
    私は、がん看護の基礎を学びたい思いで大学院に進学しました。がんプロフェッショナル養成プランの講義は、国内...

    奥野 映子 さん 2015年修了
    [がん診療連携拠点病院 勤務]
  • 臨床と研究の懸け橋になるために
    大学病院で勤務していた頃、強烈な治療で苦しむ患者さんに多く出会いました。葛藤を抱きながらもなす術がなく、...

    脇口 優希 さん 2014年修了
    [兵庫県立大学看護学部 教員]
  • 本学科での学び
    大学院で得た学びは現在進行形で非常にためになるものばかりです。1.1科ではないこと。在学中は多領域に渡る同...

    吉本 歩 さん 2013年修了
    [松江市立病院 勤務]
  • 学び方を学んだ2年間
    患者さんの精神的な反応やその対応に悩むことがあり臨床経験5年を経て大学院に進みました。大学院では、論文や...

    2012年修了
    [一般病院 勤務]
  • 修士課程で得たもの
    私は、CNSに相談し救われた経験があり、看護の専門性を高めたいと思い修士課程に進学しました。修士課程では、...

    2011年修了
    [がん診療連携拠点病院 勤務]
  • 看護学研究科を目指した動機
    看護実践、教育、研究のできる看護スペシャリストを目指し、兵庫県立大学看護学研究科を目指し、入学しました。...

    江藤 美和子 さん 2010年修了
    [ベルランド総合病院 勤務]
  • 看護学研究科で学んで
    私が専門看護師(CNS)を目指したきっかけは、同じ職場で働く先輩CNSの存在でした。臨床で困難に直面した際に...

    2010年修了
    [大学院生(博士課程)]
  • 卒業して思うこと
    医療の現場は日進月歩、変化しています。最近ではがんゲノム医療の進歩により、標準治療での効果が見込めない患...

    2010年修了
    [がん診療連携拠点病院 勤務]